一生に一度の大きな買い物を検討していますか?

大阪狭山市で新築のマイホームを購入するとなると土地から購入しなければならないため、合計で数千万という膨大な費用がかかってしまうことが多いです。資金に余裕がある人ならすぐに決断することも可能ですが、ローンを組む人なら慎重に検討をしないといけないでしょう。

住宅購入の前に心得ておくこと

しっかり迷ってから決めること

これから新築一戸建てを購入するときは、一つの物件だけではなく複数の物件を見ておくことが肝心です。一件だけを見て「この物件が良い!」と即購入をすると、後々後悔する可能性も少なからず出てくるのです。たくさんの物件を見てから慎重に決めましょう。

資金計画は家族全員で決めておく

住宅は簡単な買い物ではありません。特に注文住宅は設計の自由があることからかなりの資金を必要とします。今は資金に余裕があったとしても、将来的に仕事で失敗して収入が減ることもあるかもしれません。そういったことも考えて今だけでなく今後の資金計画もしっかりしておきましょう。

立地を事前に調べて条件の良いところにする

もちろんその人の予算によって変わりますが、駅近や学校、病院などの近くなどは立地条件が良いことから土地の価格も高くなっている傾向にあります。立地条件の良いところは今後の生活にも大きく左右してくるでしょう。予算に合わせて良い場所探しをしてください。

夢を叶えるため新築一戸建てを購入!良く調べて検討することが大切

室内

営業の言葉に惑わされ過ぎないこと

不動産会社は宝塚を始め日本全国にたくさん点在していますが、中には早急に購入を促す営業の人もいるため、言葉の誘惑につられないようにしましょう。気になる物件を見ている時に「その物件は問い合わせが多く・・・」、「残り一つの人気物件・・・」など購入を急かせることもあります。冷静に考えて購入の検討をしましょう。

キャンセル後に発生する手付金に注意

もし万が一一戸建て購入の契約をした後にキャンセルしたいと思ったときは、キャンセルすることは可能です。しかしキャンセルをすると手付金というものがかかり、100万円ほどはこの手付金に値してキャンセル料として不動産会社に支払わなければなりません。キャンセルしないよう注意しましょう。

住宅ローンには審査があることを理解しておく

新築一戸建てを購入する人の多くは住宅ローンでの支払いをすることになりますが、ローンでの支払いをする前にまずは審査があります。安定した収入なら返済能力があるとみなされて審査も通りやすいでしょう。しかし逆に収入が少なくいつも不安定な方は、簡単に審査が通らない可能性もあるため注意が必要となります。

住宅購入をする上でお問い合わせの多いもの

住宅購入の際は見学をした方が良い?

物件の外観だけではなく、内覧も細かくチェックすることができるので、これから住宅の購入をする際はすぐに手続きをするのではなく、物件見学をし細かいところまで観察をしてから購入の検討をするようにしましょう。中古住宅であれば稀に欠陥しているところがあるので、見学の時に気づいていれば購入するべきか否かを検討できるはずです。

住宅ローンはどのようなものがありますか?

長期固定金利型や変動金利型、固定金利型や全期間固定型の大きく分けて4つあります。この4つのタイプはそれぞれ返済の比率やローン契約ができる条件が異なっています。住宅ローンでのお支払いをしようと検討している方は、それぞれのローンの説明をしっかり聞いておきましょう。

[PR]
福岡にある工務店が話題
耐震性にも優れている♪

枚方市で新築一戸建てを買おう☆

広告募集中